FC2ブログ

あかりの町並み~美濃~および美濃和紙あかりアート展入賞作品特別展示について

10月6日(土)・7日(日)に開催した「第25回美濃和紙あかりアート展」

今年も素晴らしい作品が展示され、来場者を魅了していました。

見逃した!

あかりアートは好きだけど、人混みはちょっと…

もっとゆっくり作品を楽しみたい!

そんなあなたにぴったりなイベントが「あかりの町並み~美濃~」です!!

10月12日(金)~11月30日(金)の期間中

うだつの上がる町並みに美濃和紙あかりアート展の歴代優秀作品約80点が常設展示されます。

作品はアクリルケースに入った状態で常設展示されているので、雨の日でも鑑賞可能です。

点灯時間は午後4時~午後9時です。(一部、タイマー機能により時間が前後する場合がございます)

あかりの町並み~美濃~チラシ  ・ 

また、今週末10月13日(土)・14日(日)には、観光協会職員の超おすすめイベント

「第25回美濃和紙あかりアート展入賞作品特別展示」を開催いたします!!

こちらは先日開催された第25回の美濃和紙あかりアート展入賞作品約40点を

うだつの上がる町並み内、旧今井家住宅前に展示するイベントです。

s-IMG_0825.jpg

s-IMG_0998.jpg

展示エリアは小さくなりますが、作品は大賞をはじめとしたレベルの高いものばかり。

来場者数もほどよく、ゆったりと作品を楽しめる。

三脚等の使用も可能ですので、思う存分写真撮影もできちゃいます!

その光景はまさに「ミニあかりアート展」

ぜひぜひお出かけください!

第25回美濃和紙あかりアート展入賞作品特別展示
開催日 平成30年10月13日(土)・14日(日)
開催時間 午後5時~午後8時
開催場所 美濃市うだつの上がる町並み内 旧今井家住宅前
※雨天中止となりますのでご注意ください。
※午後4時から午後9時まで旧今井家住宅前の道路は交通規制がかかります。
※駐車場は通常通りとなります。観光ふれあい広場をご利用ください。
スポンサーサイト

第25回美濃和紙あかりアート展上位入賞作品のご紹介

10月6日(土)・7日(日)に開催した「第25回美濃和紙あかりアート展」

台風の影響が心配されましたが、両日とも無事に開催することが出来、

1日目は屋内会場の体育館、2日目はうだつの上がる町並みに

一般部門250点、小中学生部門87点、計337点の作品を展示いたしました。

両日合わせて8万人の方にご来場いただきました。

本当にありがとうございました!

さて、今年の上位入賞作品を写真とともにご紹介します!!

まずは一番気になる一般部門の大賞から!!!
s-25大賞
作品名「ほのかに」
出展者名「須藤 真未」 三重県四日市市
審査講評
和紙そのままの魅力が生きた作品。
しなやかさ、強さ、やわらかさ、透明感、ハリ、光源の入れ方によって色がちがい、くっついたりはなれたり、ランダムに和紙を立てることによって異なる陰影が出ている。


続いて美濃和紙あかりアート賞2点!
25アート賞1
作品名「面影」
出展者名「MAYS(拓殖大学)」 東京都八王子市
審査講評
作る楽しさが表われている。
物づくりの楽しさ、和紙の透過性を生かして異なる陰影。
平面でありながら立体的に見える和紙の豊かな表情が表現されている。

25アート賞2(縦)
作品名「UNITY」
出展者名「吉村 祐樹」 福岡県福岡市
審査講評
石の存在が、和紙の良さをひきたてている。設定がよい。
石と紙のバランスが、素材の良さを引き立たせている。
生命体的な海の中の潮の満ち引きを感じる。生命感が宿る。
呼吸感がある。ディスプレイがよい。あたたかでふくよかな生命感を感じる。


続きまして、各審査員が選ぶライトアップ賞5点!

古川秀昭賞
25古川賞
作品名「frame」
出展者名「加藤 舞香(拓殖大学)」 東京都八王子市
審査講評
出展作品中、見る人の心を最も解き放ってくれる作品だろう。
おそらく作者がもっと自由を味わおうといているからだろう。
和紙のこよりで輪を作って重ねたり、連結したり、それらを全く思いつきで構成するだけ。
技法や技術を通り抜けたさわやかな仕上がりだ。

堀木エリ子賞
25堀木賞
作品名「和らぎ」
出展者名「村瀬 五郎」 岐阜県岐阜市
審査講評
和紙の重なりによる陰影が美しく、障子の灯りが時間帯や季節で変化していく様子を思い出させてくれるような作品。
作品の端部を焼くことによって、和紙ならではの、より多彩な表情を引き出しています。
移ろう和紙の魅力、陰影による奥行き感を活かした作品。

日比野克彦賞
25日比野賞
作品名「集合体」
出展者名「チームC(拓殖大学)」 東京都八王子市
審査講評
どこかで見たことのある形だなぁと思っていたら、ファーストフードでテイクアウトすると買ったものが紙袋に入って店員さんから手渡されるのが、こんな様な形。
底は平らで、先は閉じている。現代における幸せの形なのかもしれない。
人によって、物の形の見方は様々だから、アートはおもしろい。私はおなかがすいてきた。

東宮洋美賞
25東宮賞
作品名「光を割る」
出展者「宮崎 晋」 岐阜県美濃市
審査講評
光る立方体を無造作に台に置き、作者が想を込めて割った。その断面には氷のような質感が現われた。
冷たく白い陰影が和紙を氷の塊に見せている。
和紙の自在性と平面性を組み合わせたシンプルな存在感のある作品。

高橋理子賞
s2-s-25高橋賞
作品名「SENSU」
出展者名「和田 俊一」 岐阜県高山市
審査講評
日本の伝統的形状をを使いながら、和紙のしなやかさと張りを生かしたシンプルでシャープなフォルムが大変目を惹きました。
光の色味にもこだわりが感じられ、作者のもの作りへ対する隙のない真摯な心持ちが迫ってくる作品だと思います。


続きまして、小中学生部門の上位入賞作品のご紹介です。

小中学生部門の大賞作品はこちら!!
25小中大賞
作品名「真鯛」
出展者名「榊原 駿希」 西尾市立一色中学校1年
審査講評
海面から勢いよく飛び出した鯛の姿を生き生きと表現しています。
カッと見開いた目、ギザギザの細かな歯、ウロコ、波など細部にわたり豊かに表現されています。
見る者の目をひきつけてやまない見事な作品でした。


続いて小中学生部門賞5点です。

篠崎里美賞
25篠崎賞1
作品名「スヤスヤ・・・」
出展者名「藤吉 胡歩」 美濃市立大矢田小学校3年
審査講評
和紙の特性を生かした水切りの技法を用いたすばらしい作品です。
前足にあごをのせ、すやすやと眠る小犬の姿がほほえましく、つい触ってなでてしまいたくなります。小犬の息づかいや体温さえも伝わってきます。
時間をかけてていねいに制作された作品から、作者の小犬に対する愛情が伝わってきました。

篠崎里美賞
25篠崎賞2
作品名「卒業を飾る」
出展者名「福井 伶菜」 美濃市立美濃中学校3年
審査講評
中学生ならではの技と美的センスを兼ねそなえた完成度の高い作品。
全体のバランスも良く、この光輝く美しいデザインをそのまま建築として実現できたらと思わせる程、秀逸である。

森妙子賞
25森賞
作品名「シャドウのからす」
出展者名「井上 隼太朗」 美濃市立牧谷小学校2年
審査講評
井上隼太朗君、小学校2年生の作品です。テーマのカラスはどこからの発想でしょう。
こんなにもシンプルで強いインパクトの作品、久々に新鮮な驚きを持ってみさせていただきました。
下敷かれた青い和紙がカラスのシルエットに反響してか、シャドウにほんのり青のグラデーションがかかっていて絶妙です。
アーティスティックで詩情豊かな作品に仕上っていました。

市原慶子賞
25市原賞
作品名「カラフルねこ」
出展者名「藤田 千愛」 美濃市立牧谷小学校4年
審査講評
作品全体にあかりが入りカラフルな色彩が、とてもインパクトある美と
また「カラフルねこ」にこめられた夢一杯の思いが伝わってくるようなとても楽しい作品だと思いました。

斎藤歩賞
s-25斎藤賞
作品名「深海フラッグ」
出展者名「日置 心音」 美濃市立中有知小学校6年
審査講評
深海には温水が噴き出し、深海生物が集まる所があると聞きます。
そんな、光の届かない深海での生き物達の営みを明るい色彩と光を使ってドラマチックに表現した作品です。
海底は力強く動きのある造形です。生き物達は1つ1つとてもしっかりと作られています。
にじみ出す光に命のエネルギーを感じました。
作者の好奇心とこだわりが伝わってくるすばらしい作品です。


今回の美濃和紙あかりアート展の総評として
『今回25回展も和紙の豊かな表情を知ることができ、楽しい審査となった。
全国各地、また幅広い世代の出展者の中から入賞作品が決定した。
15歳から82歳の400人近い出展者から、美濃和紙あかりアート大賞には三重県の20歳の出展者の作品「ほのかに」が、また、美濃和紙あかりアート賞は東京・福岡からの出展者の作品が選出された。
大賞は和紙そのものの素朴さと強さの魅力が光った。
それに対して、あかりアート賞は2作品とも和紙の特質を様々な手法で表現し、高い技法による美しい格調が評価された。』
審査委員長の古川秀昭先生よりいただきました。


来年の第26回美濃和紙あかりアート展は
10月12日(土)・13日(日)に開催予定です!!
ぜひ来年の美濃和紙あかりアート展をお楽しみに!!!!

第25回美濃和紙あかりアート展、本日7日(日)の開催について

本日7日(日)は、うだつの上がる町並みで開催いたします!
開催時間は午後5時~午後9時です。

駐車場
美濃小学校(9:30~21:30)
美濃市運動公園(15:00~21:30)

うだつの上がる町並み周辺は午後1時~午後10時まで交通規制がかかります。

また、メインステージのイベントは観光協会前ポケットパークで行います。
内容は下記の通りとなります。

17:00~17:30 美濃婦女合唱団
18:00~19:00 表彰式
19:30~20:30 横田良子コンサート

会場内について詳しくは会場マップをご覧ください。
第25回会場マップ

美濃和紙あかりアート展公式サイトはこちら

ご来場をお待ちしております!

25会場マップ

第25回美濃和紙あかりアート展審査結果発表について

第25回美濃和紙あかりアート展審査結果が

美濃和紙あかりアート展公式ホームページにて発表されております!

ぜひご覧ください!!

美濃和紙あかりアート展公式ホームページ
審査結果はコチラ

【美濃和紙あかりアート展公式ホームページURL】https://www.akariart.jp/

第25回美濃和紙あかりアート展、本日6日(土)の開催について

第25回美濃和紙あかりアート展
本日6日(土)は、雨天会場での開催となります。
開催時間は午後5時~午後9時です。

展示会場
一般部門:武義高校体育館
小中学生部門:美濃小学校体育館

駐車場
美濃小学校(9:30~21:30)
美濃市運動公園(15:00~21:30)

また、メインステージでのイベントは武義高校体育館で行います。
内容は下記の通りとなります。

17:00~17:30 オープニングセレモニー・審査員紹介
17:30~17:35 点灯式
19:30~20:00 美濃流し仁輪加(吉川町松月会)
20:30~21:00 ライトアップ賞表彰式

※美濃中学校吹奏楽部・昭和中学校3年生合唱・子ども仁輪加(美濃小仁輪加クラブ)は中止となります。

また、第25回記念ワークショップ「みんなで作ろう!和紙のかざぐるま」は
美濃小学校体育館にて午後5時から午後8時まで行います。※完成次第終了
参加は随時受付、参加費無料となります。

ぜひお越しください!

明日7日(日)の会場は午前9時に最終決定します。

チラシ表

チラシ裏
プロフィール

美濃市観光協会

Author:美濃市観光協会

「和紙とうだつの上がる町」

美濃市観光協会ブログへようこそ!

ホームページでは
ご紹介しきれないことも
このブログでは「旬」な情報を中心に
タイムリーにお届けします

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード