スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大矢田(おやだ)ひんここまつりが開催されました

11月23日(土・祝)、秋晴れの美濃市大矢田で

500年以上昔から伝わる伝統行事「大矢田(おやだ)ひんここまつり」が開催されました。

秋に行われるひんここまつりは4月に行われる春の本祭とは別に

ひんここまつりの中で行われる「ひんここの舞」のみを大矢田ひんここ保存会の方々により行われているものです。

五穀豊穣を祈る素朴な人形劇を、私も早速見に行ってきました!

ひんここまつりが行われるのは大矢田神社のお旅所と呼ばれるところ。
ひんここの人形たちがばっちりスタンバイしてました。
IMG_5361.jpg

時間になるとお囃子を奏でながら隊列を組み、舞台となる山の中腹へ上っていきます。
IMG_5372.jpg

いよいよひんここの舞のはじまり。
まずはじめは禰宜(ねぎ)殿(後にスサノオノミコトとなる)の舞が始まり、
会場の皆様の穢れをはらってくれます。
IMG_5386.jpg

続いて麦まきをする農民たちが登場します。
農民たちは一人一人、鍬や火種など生活に欠かせない道具を持っています。
IMG_5414.jpg

農民たちは12体。麦まきをしています。
IMG_5493.jpg

そこへ大蛇が登場!!
IMG_5508.jpg

農民たちに次々と襲い掛かります。
IMG_5557.jpg

どんどん飲み込まれてしまう農民たち。
IMG_5515.jpg

農民たちを大蛇が全部飲み込んでしまいます。
IMG_5665.jpg

そこへスサノオノミコトが登場!!
IMG_5818.jpg

大蛇との激しい戦いが繰り広げられます!
IMG_5848.jpg

激しい戦いの末、大蛇を退治したスサノオノミコトの喜びの舞を踊ります。
IMG_5887.jpg

これでひんここの舞は終了。
無事に役目を終えた人形たちは山を降りて皆様の前で勢ぞろいします。
IMG_5898.jpg


独特の掛け声である「ほーい」という声と、鈴や太鼓のお囃子が山に鳴り響き、

深まる紅葉とともにお祭りムードを盛り上げていました。







スポンサーサイト
プロフィール

美濃市観光協会

Author:美濃市観光協会

「和紙とうだつの上がる町」

美濃市観光協会ブログへようこそ!

ホームページでは
ご紹介しきれないことも
このブログでは「旬」な情報を中心に
タイムリーにお届けします

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。