第18回美濃和紙あかりアート展上位入賞作品

10月8日(土)・9日(日)に開催いたしました

「第18回美濃和紙あかりアート展」の上位入賞作品を一気にご紹介!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
まずは一般部門から!

s-taisyou219.jpg
美濃和紙あかりアート大賞
作品名 「TEMPtation」
出展者名「野口健司(兵庫県)」
講評「紙とは思えない強固な立体造形。
照明と和紙の重なりによる絶妙な色調をうんでいる。
中央部分の闇とも思える方形が不思議なコントラストとなっている。」

s-a-toshoyu15.jpg
美濃和紙あかりアート賞
作品名 「大樹」
出展者名「安田武博(美濃市)」
講評「花みこしでなじみ深いこより群の作品である。
こよりによる和紙のみの大樹の形体が柔らかく広がりのある、美しい作品を作り出している。」

s-a-tosyou108.jpg
美濃和紙あかりアート賞
作品名 「光緻」
出展者名「山我 祐貴(拓殖大学)」
講評「下から上に向かって少しずつ小さくなる和紙を重ねた長方形の下半分の重なった和紙の四隅をめくり、
そのことによっておこる光の濃淡が実に美しい。
おそらく、下層部分には赤の彩色がほどこさているのであろう。赤い線となり作品に緊張感を与えている。」

s-75.jpg
ライトアップ賞(古川秀昭賞)
作品名 「ぼくたちの夢’11」
出展者名「守山養護高3・中3ず」
講評「和凧だろうか、荒々しいし仕上げは力強く不思議な魅力がある。
しかしこの作品の何より心をひく点は、誰もが作品製作に参加したくなるところであろう。
多くの人が何かを描いて貼りつければ、次々に面白い凧に仕上がる。」

s-furukawa186.jpg
ライトアップ賞(古川秀昭賞)
作品名 「Lumiere」
出展者名「Amon watanakunchaiChanjira(大阪デザイン専門学校)」
講評「和紙の性質というよりも紙そのものの特性を大らかにとらえ、
まるで地下の奥深いところからの光を感じさせる。
マグマのエネルギーと自然の力を恐れと同時に畏敬の念にまで高めた表現である。」

s-64.jpg
ライトアップ賞(堀木エリ子賞)
作品名 「ささやき」
出展者名「野津史花(岐阜県)」
講評「和紙を積層して切り込みをいれるだけのシンプルな形状。
切込みをめくり上げた開口の具合が異なり、美しいグラデーションになっている。
「ささやき」というタイトルのように、それぞれの開口からナイショ話が聞こえてきそうで、
静かな表現の中に和紙の息づかいが感じられた。」

s-277.jpg
ライトアップ賞(日比野克彦賞)
作品名 「石、そして山」
出展者名「吉田知世(神奈川県)」
講評「庭石をモチーフにとした作品。重々しい石を軽やかな紙で制作している面白さがある。
紙の多面体のかたまりが石にみえたり、岩山にみえたりするのは、
人間の想像力をかきたてる美術の思考力を十分に備えている作品である。
シリーズでいくつか造って、空間にインスピレーションすると、より世界観が生まれてくるであろう。」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
続いて小中学生部門!!

s-630.jpg
小中学生部門大賞
作品名「美濃の伝統」
出展者名「白戸美沙希(美濃市)」
講評「青森県の代表的なお祭り「ねぶた」を思い起こさせる迫力の「和紙すき職人の女性」。
口元をきっと閉じて、紙をすく表情から労働の大変さが伝わってきます。
力強い大きな手は、労働を重ねてきた日々の象徴です。
難しい主題を大胆に、優しい眼差しで表現してくれた大賞にふさわしい作品です。」

s-628.jpg
小中学生部門賞(広井敏通賞)
作品名 「鈴むし」
出展者名「牧萌花(岐阜県)」
講評「遠くで見るとおおきな鈴が一つおちているような感じですが、
近づいて中をのぞいてみると光る玉に鈴虫たちがいっぱい集まってきていました。
そして、もう一度鈴を見直してみると鈴全体が鈴虫を表現していました。面白いですね。」

s-696.jpg
小中学生部門賞(広井敏通賞)
作品名 「はじける とうもろこし」
出展者名「平澤ひより(美濃市)」
講評「パンパンはじけるポップコーンのイメージなのでしょうか。
元気のよさがうまく表現された楽しい作品です。見ているだけで元気をもらいました。」

s-686.jpg
小中学生部門賞(森妙子賞)
作品名 「上を向いて歩こう」
出展者名「中島想支(美濃市)」
講評「日本地図に手足がはえて、大きく両手・両足を振ってかけています。
上を向いた北海道の頭が、必死に前を向いて走っている感じをよく出しています。
胸に描かれたハートは、ちょうど福島あたりしょうか?
3月11日の震災以降、日本はちょっと元気がない国になってしまたような気がします。
でも「がんばろう日本」とみんなで励まし合って、また明るい日本を取り戻したいものです。
この発想豊かな作品に感心し私も元気をもらいました。」

s-660.jpg
小中学生部門賞(市原慶子賞)
作品名 「0系とモ520」
出展者名「市原祐一(愛知県)」
講評「0系とは新幹線、モ520とは名鉄揖斐線エースとして活躍した大正時代に作られた
古い電車だということを知りました。ネーミングもナウいですね。
新幹線と揖斐電の古い車両を並べて"あかり"にするという発想は面白いです。
またあかりを入れたときの白と赤の電車の色合いにインパクトを感じました。」

s-698.jpg
小中学生部門賞(篠崎里美賞)
作品名「仲間のわ“元気”元気なキノコタウン」
出展者名「岐阜県立関特別支援学校中学部1・2年1組(岐阜県)」
講評「意表をつかれるようなユニークな形状と微妙なバランス感覚が新鮮で
今までにないインパクトを感じました。
淡色の和紙に光がとけこんで美しく、あかりとしての完成度も備わっています。
題名のとおり自由でのびのびとして固定観念にとらわれない、
これぞアートという喜びを与えてくださいました。」


いかがでしたか??どの作品も個性にあふれる素晴らしいあかり作品ばかりですね。
今回掲載した一般部門の上位入賞作品と、小中学生部門大賞は
現在「美濃和紙あかりアート館」で展示されておりますので、
ぜひ実際に見て、そのやわらかさ、美しさ、完成度の高さ、を体感してくださいね。
スポンサーサイト
プロフィール

美濃市観光協会

Author:美濃市観光協会

「和紙とうだつの上がる町」

美濃市観光協会ブログへようこそ!

ホームページでは
ご紹介しきれないことも
このブログでは「旬」な情報を中心に
タイムリーにお届けします

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード